「蜘蛛ですが、なにか?」2話感想 蜘蛛子さんは諦めない!誇りをかけて前に進め!

アニメ

どうもウハルです!

今回は「蜘蛛ですが、なにか?」の2話感想になります!

女子高生だった「私」(蜘蛛子)が蜘蛛として転生し、その”蜘蛛生”を生きていくことを決意した前回

今回の話は、ステータス表示やレベルの上がり方が1話に比べて「ゲームみたいだな」と感じた部分が多かった印象

そんな中で決意する、蜘蛛子さんの熱い思いが今回は良かった!

そして、転生者たちの転生前の話も触れられていて、今後のストーリーの展開に関わってきそうな部分も垣間見えたような印象

そんな「蜘蛛ですが、なにか?」第2話の感想を語っていきます

※原作未読の状態で感想を語っていますのでご了承ください

また、以前「蜘蛛ですが、なにか?」第1話の感想も語っていますので興味がある方は是非!

関連記事

蜘蛛ですが、なにか? 第2話「マイホーム、炎上?」

あらすじ

※サイトによって配信日が違いますので詳細はご利用サイトにてご確認ください

拠点となるマイホームを作り、魔物を倒してレベルアップを重ねる「私」。 食料がまずいことを除けば、それなりに満足できる生活を送っていた。 しかし、人間が現れたことで状況は一変。 マイホームに火が放たれ……。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイトより

もしも、どの動画配信サイトで見ようか悩んでいるという方は、以前動画配信サービスのまとめ記事を書いていますのでご参考ください

サービスによっては画像付きで登録方法や実際に使ってみての感想も語っています

動画配信サービス記事

蜘蛛ですが、なにか? 第2話感想

転生前の話と若葉姫色

異世界の学校で話をするシュンとユーゴー

王太子として現在の地位に転生したユーゴーは「神様は見る目があった」と誇らしげに話します

そこから話は変わり、シュンの兄・ユリウスが「勇者」であることに話が行きました

兄の事を「人類最強」とまで言うシュンは、そんな兄に憧れを抱き、ユーゴーはライバル心を抱きます

話を終え、ユーゴーは去り、今までの話を聞いていた地竜のフェイは「人に転生しなかった自分は”罰が当たった”」と語り始めました

そう思っている要因は、転生前の行いにありました

フェイとして転生する前、学校で同じクラスにいた”若葉姫色わかばひいろ”をイジメていたという事

その事に対し罪悪感があったフェイは、「神様はペット枠で自分を地竜として転生させたのではないか」と考えていました

因果応報というやつでしょうか

正直、転生した理由などはわかりませんが、フェイの周りの転生者を見た時の考え方としてはなんとなく言いたい事は分かります

ただ、あくまでフェイの周りに限った時の話

そうすると「蜘蛛子さんはどうなるの?」と言った感じですよね

明言はされていませんがアニメを見る限りだと、そのイジメられていた若葉姫色が「私」である可能性がかなり高い印象

イジメっ子よりもイジメられていた人の方が、より過酷な条件で転生するって神様どれだけよ

そして、ここのシーンで気になったのはフィリメスの様子です

フェイが転生前の話をし終えた後にフィリメスが現れます

他の転生者を探しているフィリメスに、フェイは「若葉は見つかった?」という質問をします

それに対し「彼女はまだ見つかっていない」と返答をしますが、その時の様子が明らかにおかしい

フィリメスが何かを隠しているような表情や口調だったように見えたこのシーン

彼女の意図するところが何なのか非常に気になりますね

レベルアップとその効果

一方、この世界で生きる為に死闘を繰り広げていた蜘蛛子さん

罠に掛かったカエルを倒し、食事をしようとすると”天の声(仮)”が語り掛けてきて経験値が一定に達したことによりレベルが上がったことを知ります

その効果は、スキルのレベルが上がるだけでなく、完全回復もするというおまけ付き

まさにゲームのような設定に少し危機感も感じつつ、「私」はワクワクし始めていました

もうこうなると本当にゲームみたいです(笑)

最初の段階からそんな感じはしていましたが、ここまで行くと「体感型シュミレーションRPG」と言った感じに見えてきます

ただ、食料は命を懸けた現地調達(しかも激マズ)、死んだらどうなるか分からない、クリア条件不明などなど・・・

まだ解らないことが多すぎてハードモード仕様なのは変わりませんけどね

そして気になるのはステータス

「私」のステータスメニューは1話から登場していますが、人間側の転生者にもこれはあるんでしょうかね?

モンスターにもレベルがあるので通常のゲームとして考えた場合、人間側にもレベルやステータスがあると考えるのが普通

ただ、1話でのシュンやカティアの事を「天才」と周りが噂していたあたり、単純にレベルで強さが決まる世界ではないような雰囲気もあるもしレベルが存在し、強さの噂が立つならレベルについての噂が立ちそうなもの

やはり、スキルが強さに大きく関係してきそう

この辺は今後に注目して見ていきたいですね

マイホーム増築!からの炎上!?そして、新たな決意

レベルが上がり、マイホームに戻ると再び罠に何かが掛かりました

罠の元に向かうと、そこには人間が!?

罠に掛かっていた人間は網を炎で燃やし、脱出

その場に残っていた蜘蛛子さんは、その炎が糸を伝ってマイホームに向かっていく所を食い止めます

この出来事により、安全性に不安を覚えた蜘蛛子さんはマイホームの増築を決意!

防災も強化し、夢のマイホーム生活を満喫していたのも束の間

再び人間が現れ、蜘蛛子さんを退治しにやってきました

それにより、マイホームは炎上

現状では自分自身も自分の居場所も守る術を持たない蜘蛛子さんは逃げることしか出来ない

転生前も居場所が無かった蜘蛛子さんがやっと手に入れた”居場所”

その居場所を奪われ、転生しても変わらない不甲斐なさから、強くなることを決意します

自身の無力さを痛感し、それを踏まえた上で前に進んでいこうとする蜘蛛子さんは本当に強い

ただでさえ種族底辺の蜘蛛と言う状況。そして大切なものを失った理由が自身の弱さと言う絶望的な現状を受け入れ、そこから進んでいこうとする決意は中々出来る事ではない

この前向きさは見習いたいものです

そして、少し割愛しましたがこのシーンで罠に掛かっていた人間は「地竜の卵」を持っていました

鑑定スキルのレベルが上がったことにより何の卵か判明したと同時に、蜘蛛子さんの種族名が「スモールレッサータラテクト」という事も判明しました。ちゃんと種族名あったんですね(笑)

その後も経験を積み、鑑定のレベルが上がり続けたことによって判明したHPやMP、2種類のSPのステータス表示

HPとMPがあるのは分かりますが、SPが2種類あるのは何なんでしょうね?1つは「スタミナ」と判明しましたが

今後が気になるところです

格上のモンスターとの戦い方

着実に経験値や実践を積んでいく蜘蛛子さんですが、分かったことがありました

それは「弱い」と言う事

自身のステータス表示にも「弱い」と出る始末に半ギレになりますが、「戦い方次第だ」と考えるようにします

課題は山積みでしたが、自身の強みを生かす戦い方を模索する事にした蜘蛛子さん

戦いの中で「自身の強み」を模索しながら蜘蛛の糸、毒の牙、足の速さという長所を見つけます

そんな時、自分よりレベルが上で大きな蛇型のモンスターが襲ってきました

普通に戦っては勝てない相手でしたが、長所が分かってきた今

全てを出し尽くして倒すことを決断します

糸で蛇の口を塞ぎつつ、さらに長所の一つである「スピード」で対処していきますが、そんな最中に蛇からの攻撃を受けてしまいます

大幅にHPが削られますが、諦めずに毒の牙で巨体に噛みつき、ギリギリのところで蛇型のモンスターを倒すことに成功しました

本当に全部出し尽くした戦いでしたね!

1度の糸攻撃では拘束力が弱いので、スピードを生かしつつ、何度も何度も糸を使い、蛇型モンスターの口を封じ、相手の攻撃方法を一つ潰したのは見事!

そこからの毒の牙に関しては、蜘蛛子さんの攻撃方法がこれしかなかったとは言え、結構危ない賭けでしたね

暴れ回る蛇に噛みつきながら、牙で毒を与え続けなければならないため、自身もダメージを受けてしまう

蜘蛛子さんのHPが無くなるのが先か、蛇型モンスターが毒の牙でやられるのが先か

王道展開とは言え、やっぱりハラハラします

あとはこの戦いを見て、「今後毒耐性が強いモンスターにはどう対処するのか」が気になりましたが、そこはストーリーの展開を楽しみに見ていきたいと思います

激闘に幕!蜘蛛子さん、進化する!!

苦戦しながらも蛇型モンスターに勝利した蜘蛛子さん

レベルが自分より上の相手を倒したことによりレベルが大幅に上昇

その結果、なんと進化する事が可能になりました

しかも、進化先を選ぶことも出来るらしい

「レッサータラテクト」or「スモールタラテクト」の二択を迫られます

何もわからない状況の中、名前からの考察と今後の事を考えて「スモールタラテクト」に進化する事を選びます

選んだ瞬間、特に情緒もなくいきなり進化が始まり、「私」は気を失いました

これまたゲーム色が強いイベントが発生しましたが、とにかく進化する事になった「私」

第2話はここで終了しましたが、進化した「私」が今後どのような活躍を見せてくれるのか期待ですね!

ちなみに、ここでも疑問が一つ

進化したらステータスとかレベルはどうなるんですかね?

スキルとかはそのまま引き継ぐ可能性は高いかと思いますが、レベルは別なのかな?

現在のレベルって「スモールレッサータラテクト」としてのレベルだから、リセットになるのか?それともそのままなのか?

その辺りも踏まえて、第3話を待ちたいと思います

まとめ

今回の話を一言でいうならまさしく「ゲームみたい」ですね(笑)

レベル上がるだけならまだしも、HP表示や進化は本当にそのもの

ステータス表示は鑑定スキルによるものだと思うので、この世界が「ゲーム世界」と言う線はさすがに無いと思いますが・・・

色々分かってくると同時に、不明点もまだまだ尽きない「蜘蛛ですが、なにか?」の第2話

今後の展開にも注目しながら楽しみたいと思います!

そして、次回の3話のタイトルは

「地竜(龍)、ヤバい?」

なんか、もうボス級のモンスターと相手するっぽいですけど大丈夫なのか?(笑)

※第3話が放送されましたので感想を書いています

それでは、今回はこの辺で!

また会いましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました