「蜘蛛ですが、なにか?」12話感想&解説 地龍アラバとの死闘!勝利を手にしたのは・・・

アニメ

どうもウハルです!

今回は「蜘蛛ですが、なにか?」12話感想&解説をしていきます!

エルロー大迷宮にて「私」(蜘蛛子)が出会った魔物の中で、最強クラスの魔物の一体・地龍アラバ

逃げないと決めたにも関わらず、圧倒的な実力差から生まれた恐怖により”誇り”を捨て、逃げ出さざるを得なかった相手であり、トラウマを植え付けられた相手

そんな宿敵との戦闘は非常に面白かった!

互いに死力を尽くし、繰り出される攻防戦も熱かったですね

そして、ついに蜘蛛子さんはエルロー大迷宮を脱出

外に出た蜘蛛子さんを待っているのは自由か、それとも・・・

さらに新たな決意を胸に動き出すシュン、そんなシュンに敵意むき出しのユーゴーと同行しているソフィアの登場、魔王と龍の思い出など1クール目が終了し、2クール目への布石も打たれた今回

その辺りも含めて、「蜘蛛ですが、なにか?」12話の感想&解説を語っていきます!

なお、現在原作6巻まで既読済みなのでアニメで描かれていなかった部分も含めて感想&解説をしていきます!

原作も面白くて、週一巻のペースで読了しております(笑)

なお、前回の11話「次回、決戦?」に関しても感想&解説を語っていますのでよろしければ是非!

11話感想記事

蜘蛛ですが、なにか? 12話

12話「私の戦いは、これからだ?」

※サイトによって配信日が違いますので詳細はご利用サイトにてご確認ください

自分の弱さを乗り越えるためにも、地龍アラバと決着をつけなければならない。 「私」は着々と準備を進め、持てる力すべてを駆使してトラウマに挑む。 ……しかし、最強の地龍はチートと呼べるほどの力を隠し持っていた!

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイトより

もしも、どの動画配信サイトで見ようか悩んでいるという方は、以前動画配信サービスのまとめ記事を書いていますのでご参考ください

サービスによっては画像付きで登録方法や実際に使ってみての感想も語っています

動画配信サービス記事

原作だと、どの範囲?

蜘蛛パート
  • 原作3巻
    • 11 蜘蛛vs地龍アラバ
魔王パート
  • 原作3巻
    • 幕間 魔王の地龍の思い出

12話「私の戦いは、これからだ?」は原作だとこの範囲になります

それぞれのパートごとに分けさせていただき、原作巻数、章数、タイトル名を書かせて頂きました

原作をこれから買おうと思っている方現状持っている方の参考になれば幸いです

蜘蛛ですが、なにか? 12話 感想&解説

死闘開幕!

ついに始まった蜘蛛子さんvs地龍アラバとの闘い

先制攻撃による蜘蛛子さんの暗黒槍に対し、アラバは当然のように回避

お返しとばかりに放たれるアラバのブレスも蜘蛛子さんのスピードをもってすれば回避可能

挨拶代わりに放たれた攻撃を互いにかわし、蜘蛛子さんは作戦通り、空間機動によって縦穴の上へと移動を開始します

それを追いかけてくるアラバ

蜘蛛子さんは上に移動しつつも、暗黒弾をアラバ目掛けて連発します

その攻撃は多少ダメージを与えられるもののHP自動回復により、ほぼ無意味

その事は重々承知していた蜘蛛子さん

この勝負において、蜘蛛子さんが勝負を決めるには第2の猛毒をアラバに効果的に与えるしかない

それを効果的に発揮させるには、アラバに全力を出させる必要がありました

蜘蛛子さんが放つ怒涛の魔法攻撃と『死滅の邪眼』を除いた邪眼各種攻撃

アラバの土魔法、ノーモーションブレスや爪、牙、尻尾による多彩な攻撃

一進一退の攻防をしつつ、上昇を続けていた蜘蛛子さんとアラバでしたが、アラバはふと足を止めました

その理由は、蜘蛛子さんが仕掛けたトラップ

縦穴を塞ぐように張られた蜘蛛の糸に対し、動きを止めたアラバに向けて猛毒攻撃&糸攻撃を仕掛けます

アラバも負けじとブレス攻撃による反撃

そのブレス攻撃によりトラップに出来た大きな穴を通り、蜘蛛子さんに攻撃を仕掛けるため突進するアラバ

「いらっしゃいませー♪お待ちしておりましたー♪」

糸攻撃と共に張り巡らせていた見えない糸

それを一気に手繰り寄せ、アラバを捕獲

身動きの取れないアラバに対し、ダメージを与えられないまでも痛みを与えられることが出来る外道魔法『幻痛』を使用します

糸から容易に脱出できない状況&スキル《痛覚大軽減》を取得していたアラバが感じる久しぶりの痛みによる戸惑いによって動きが鈍くなったアラバ

脱出される前に、怒涛の魔法攻撃を蜘蛛子さんは仕掛けます

出だしから全力で攻撃を仕掛ける蜘蛛子さんのラッシュも凄いですが、アラバの怒涛の攻撃も凄い!

蜘蛛子さんの場合、アラバとの接近戦は不利でしかないので近づかれないよう遠距離からの魔法攻撃や邪眼攻撃主体になっていきますが、アラバの場合は近遠距離攻撃共に抜群の威力

特にアラバの近距離攻撃は迫力がありましたし、あんなもの恐怖以外の何ものでもない

何とか攻撃をかわしている蜘蛛子さんですが、実際に原作ではアラバの近距離攻撃には恐怖しています

至近距離を通過していく尻尾の、風切り音には肝が冷える。

「蜘蛛ですが、なにか?」原作小説3巻より

蜘蛛子さん持ち前のスピードや《思考加速》《予見》のおかげでアラバの攻撃を回避出来るとは言え、その恐怖と戦いながらも戦闘を続けなければならない蜘蛛子さんの精神的な強さも凄いと言わざるを得ません

対蜘蛛子さん用にスキルを獲得したアラバ

糸に絡めとられたアラバが無防備な状態で蜘蛛子さんの攻撃を受け続ける中、アラバが選んだ脱出方法

それは「スキルの取得」

強化された蜘蛛子さんの糸とは言え、アラバのブレスには耐えられない

だから、蜘蛛子さん自身もそういった現在取れる攻撃方法によってアラバが脱出を図ると予想していましたが、この方法に関しては全くの予想外でした

しかも、アラバが取得したスキルが対蜘蛛子さん用のスキルになっているのがさらに厄介

アラバが取得したスキル

《火魔法LV10》《火炎魔法LV10》《獄炎魔法LV1》《火炎強化LV1》《火炎耐性LV1》《暗黒耐性LV1》《空間感知》

火が弱点である蜘蛛子さんに対し、火の最上級魔法である《獄炎魔法》

その攻撃を強化する《火炎強化》

自身が火攻撃で傷つかないために元々取得していた火耐性を強化した《火炎耐性》

蜘蛛子さんの主魔法である暗黒魔法を軽減する《暗黒耐性》

蜘蛛子さんの転移対策による《空間感知》

アラバが長い年月をかけて貯めてきた膨大なポイントをほぼ使い切ってまで挑む相手だと認められた蜘蛛子さん

全力で挑んでくる相手に全力で応えることを誓った蜘蛛子さんと、さらなる強敵となったアラバとの第2ラウンドが始まる

現状、アニメでは戦闘によるレベルアップでしかスキルポイントを獲得する方法が分かっていませんが、そんな中でアラバが元々持っていたポイント数は41000

その残りポイントが100になる程の対策を打ってまで挑む相手だと認められた蜘蛛子さん

そもそも、スキルポイントを使う魔物はそうそう居ません

この辺りは原作の内容に触れていきますが、蜘蛛子さんの場合は生きていく上で積極的にレベル上げをしていた為、スキルポイントや戦闘によって多くのスキルを取得してきました

しかし、野生の魔物に関しては餌を狩るとき以外は積極的に戦闘をしておらず、ステータスを見てもスキルポイントを使っている様子が見られませんでした

それはアラバも同様で、戦闘開始時に膨大なスキルポイントを所持していたこと元々所持していたスキル自体はポイントを使わずに取得可能なものばかりだったことがそれを証明しています

つまり、今まで一度も使ってこなかったスキルポイントを蜘蛛子さんを倒す為だけに使いきった

そこからもアラバがいかに蜘蛛子さんに本気になったかが分かりますね

互いに成長を続ける中での戦闘

全力と全力がぶつかる第2ラウンド

取得した獄炎魔法を使って糸の網から脱出したアラバは蜘蛛子さんに攻撃を仕掛けます

炎を纏った土の橋を形成し、近づいてくるアラバから上に逃げる蜘蛛子さんは戦いに全神経を集中させます

それにより《思考加速》《予見》がLV10になり、《思考超加速》《未来視》のLV1へとスキルが進化しました

そのことに喜ぶものの、アラバもこの戦闘によって新たに《集中》《予測》《並列思考》《演算処理》《外道耐性》のLV1を取得していました

「どうしたら倒せるのか?」を真剣に考えていたからこそ互いに増えていくスキル

イタチごっこのように成長を続ける蜘蛛子さんとアラバの埋まらない戦力差

そんな中で、蜘蛛子さんが上に逃げ続けた結果、とうとう縦穴の天井に到達してしまい、追いつめられる事となりました

アラバがポイントを使ってスキルを取得した時もそうですが、この戦いにおいていかにアラバが本気かが分かる場面ですね

今回の戦闘によってアラバが得た《集中》《予測》《並列思考》《演算処理》《外道耐性》のスキル

《外道耐性》に関しては、蜘蛛子さんの攻撃を受けたからこそ取得したスキルですが、それ以外のものに関してはアラバ自身が「いかに蜘蛛子さんを倒すか」を思考していたからこそ取得したスキルです

この戦いの中で開花したスキルに関しては、原作で蜘蛛子さん自身もその事はハッキリと分かっています

よっぽどこの危機をどうにか脱出する術を、真剣に考えたんだろうね。

「蜘蛛ですが、なにか?」原作3巻より

スキル《鑑定》ありきにはなりますが、言葉も交わせず、意思の疎通も出来ない魔物という存在ですが、取得したスキルによって本気度が分かるこの場面は今回の死闘の熱量を物語っているように感じました

生きるか死ぬか

追いつめられた蜘蛛子さんはアラバの攻撃を躱すため、燃え盛る大地と化した縦穴内を下降しながら逃げていきます

そんな中でも容赦なく襲い掛かるアラバのブレス

ブレスを避けながらも、周りの炎に身を焼かれ、薬合成によって火を鎮火しつつHPを回復しながら逃げる

苦戦しつつも、アラバの直接攻撃をくらう訳にはいかないためひたすら逃げるしかない蜘蛛子さん

そんな時に逃げ道に展開された土魔法

その攻撃は蜘蛛子さんを貫き、HPの大幅な減少だけでなく、串刺しによって身動きが取れなくなってしまいました

そこに襲い掛かるアラバの直接攻撃

その攻撃を躱す為に、自身の目2つを代償に腐蝕属性を持つ『死滅の邪眼』を発動

何とか攻撃を防ぐことは出来たものの、再び襲い掛かるアラバ

そこで蜘蛛子さんが選んだ手段が、突き刺さった部分から自身の体を切断する事

猛烈な痛みとダメージで意識が朦朧とする中、脱出に成功した蜘蛛子さんですがアラバの猛攻は止まらない

何とか避けるものの、下降を続けているため近づいてくる地面

空中戦だったからこそ戦えていた状況の中、地龍であるアラバとの地上戦は勝機が無い

意識が朦朧とする中、なんとか《空間機動》によって上に逃げる蜘蛛子さんでしたが、アラバの猛攻は続きます

そんな中、先程取得していた《空間感知》によって転移先を把握していたアラバ

アラバが仕掛けた噛みつき攻撃によって、蜘蛛子さんは身動きが取れなくなってしまいます

《忍耐》によってMPを代償にHP0になる事は回避できているものの、それも長くは続かない

噛みつきからの脱出手段として、今度は自身の前足2本を代償に腐蝕攻撃を使って、アラバの口内を攻撃

死は免れ、脱出出来たものの、瀕死寸前の状態となってしまいました

生き抜くための手段として、この場面にて蜘蛛子さんは目2つ、体約4分の1、前足2本を犠牲にしました

アラバにやられた事によるダメージならまだ分かりますが、これは自爆技も含め、全て自分で自分を攻撃したことによるダメージ

猛烈な痛みが伴うと分かっている中で、この選択を”生きるため”に実行出来る辺り、「生」に対しての覚悟と重みが違います

ちなみにこのシーンはアニメオリジナルで原作にはありません

「小説家になろう」でも描かれていませんでしたね

スキル《怠惰》とアラバの誇り

瀕死寸前の蜘蛛子さんに対し、向けられたアラバのブレス攻撃

瀕死の状態でまともに動けなかった蜘蛛子さんは死を覚悟しますが、最後の一瞬まで生き抜くことを誓います

そう思い、立ち上がった直後、アラバの動きが止まり、周囲の炎も鎮火し始めました

その理由は、蜘蛛子さんが仕掛けた”第2の猛毒”がギリギリ間に合った結果でした

その”第2の猛毒”とは、七大罪スキルの一つ《怠惰》

スキル《怠惰》の効果によって弱体化したアラバは地面にひれ伏し、身動きが取れなくなりました

スキル《怠惰》

神へと至らんとするn%の力。自身を除く周辺のシステム内数値の減少量を大幅に増加させる。また、Wのシステムを凌駕し、MA領域への干渉権を得る。

HP、MP、SPを大幅に減少させていくこのスキル

HP、MPは自動回復出来るスキルはあるが、SPにそんなスキルは存在しない

さらにHPだけでなく、SPが無くなれば生物は死を迎える

アラバに対して、HPを削る事は無理と判断した蜘蛛子さんが考えた対アラバ戦における最大の作戦がスキル《怠惰》によってアラバのSPを0にする事でした

アラバが全力を出してくれたからこそ、SPの減少を加速させることにも成功した蜘蛛子さん

SPが残りわずかとなり、身動きの取れなくなったアラバに対して、勝利を確信した蜘蛛子さんは止めを刺そうと魔法を展開しますが、アラバは伏せた状態で首を上げ、真っ直ぐな目で蜘蛛子さんを見ます

まるで「死を受け入れた姿」を見せつけられ、さらにアラバ自身が持つ多くのスキルをオフにしていく様子を見た蜘蛛子さんは声を張り上げます

ふざけるな!なに勝手に満足しちゃってるわけ?全力を尽くした?悔いはないって感じな訳?なんでそんなに簡単に諦められるの?もっと意地汚くなれよ!もっと生きたいって命乞いしろよ!生きあがけよ!

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」12話より

必至に生きようとしている蜘蛛子さんとは違い、簡単に命を捨てるアラバに怒りを感じながらも、最後の攻撃『死滅の邪眼』を発動させます

その攻撃により、塵と化したアラバに背を向け歩き出す蜘蛛子さん

レベルアップを果たし、宿敵を倒したにも関わらず残る後味の悪さ

この嫌な気分。一生忘れないわ

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」12話より

蜘蛛子さんは喜びを嚙みしめることなく、この場を去っていきました

死闘ついに決着!

互いに全力を出し尽くし、”誇り”を賭けた戦いでしたが、生き残ったのは蜘蛛子さん

多くの作戦を練り、ここまで強くなったからこそ勝利を収め、過去のトラウマとの決着もつけた蜘蛛子さんですが、得たものは「後味の悪い」勝利

対してアラバは敗北はしたものの、自分を負かした”強者”に対して敬意を払い、さらに醜く足搔くことなく死を受け入れ、最後まで”威厳”と”誇り”を忘れなかった

”誇り”を賭けた戦いと言う意味では、アラバは『真の勝者』と言えるのかもしれませんね

そして、この戦いが蜘蛛子さんにとって忘れがたい戦いになったのは事実

今後の戦いにおいて、どのような影響を及ぼしていくのか見届けていきたいですね

魔王と龍&シュンの決意

「バルトは龍に遭遇したことある?」

魔王は椅子に寝転がりながら近くにいた腹心であるバルトにそう尋ねる

竜に関しては戦った事があるが、出会う事すら稀な龍とは戦闘経験が無かったのでそう伝える

魔王の質問の意図が分からず、疑問に感じ、それをバルトは魔王に聞いてみる

すると魔王は「過去に地龍を含めいろんな龍とやり合った事があって、特に地竜は総じて誇り高かった」と語る

一方、今は亡きユリウスの形見である首巻きを見つめるシュン

ユリウスを倒した白い少女の正体を考えながら、兄の無念を晴らすため、決意を新たに兄の形見を首に巻き付け立ち上がる

そして、学園から去ったシュンを思いながら名前を呼ぶカティアとスー

馬にまたがり城に向かいながら、シュンの身を案じるフィリメス

その城を見上げながら不敵に笑うユーゴー

そのユーゴーの側にたたずむソフィア

〈進化中〉の中、未だに目を覚まさないフェイ

多くの想いが交錯する中、シュンを中心に新たな物語の幕が開ける

今回全編蜘蛛子パートかと思いましたが、少しだけ魔王&人間パートがありましたね

龍との過去を語る魔王でしたが、それが意味する事とは?

そして、シュンが無念を晴らすと決意した「白い少女」の正体とは?

シュンを思うカティアとスーの今後の行く末は?

フィリメスにスキルを無くされ、逃亡したユーゴーがシュンを倒す為に得たものとは?

進化したフェイの力とは?

少ない放送時間の中で、2クール目に向けての布石が色々登場してきましたね

これは人間パート&魔王パートともに盛り上がってきそうです

エルロー大迷宮脱出!

以前会った人間にマーキングし、それを頼りにエルロー大迷宮の出口に向かう蜘蛛子さん

出口はこの辺りかとそこに向かうと明るい光が!

ついに見つけた出口にテンションが上がり、迷宮での記憶が思い出されるが、死にかけた記憶ばかり(笑)

アラバを倒し、そんな暗い迷宮に思い残すことはないので、さっさとオサラバを決め込むため、蜘蛛子さんは出口を飛び出し、念願の迷宮の脱出を成し遂げる

一方その頃、蜘蛛子さんが出口を飛び出していったのを待っていたかのように8つの赤い目が怪しく光っていた

祝!エルロー大迷宮脱出!

アニメにして12話、原作にして3巻

過酷なサバイバル生活を生き抜いて、蜘蛛子さんが得た自由!

これからは不味いご飯ではなく、新鮮な果物やお肉がいっぱい食べれるんだ!・・・とは行かなそうなのが蜘蛛子さん(笑)

怪しく光る8つの目は、まさしく蜘蛛

という事は、マイマザー?

アラバを倒しても、まだ強敵と戦い続けなければならなそうな蜘蛛子さんパートの2クール目にも期待です!

まとめ

互いに死力を尽くした戦闘は、1クール目のラストとしてはふさわしい内容だったと感じた「蜘蛛ですが、なにか?」の12話

持てるものすべてを出し尽くし、”誇り”を賭けて戦った勝負はまさしく名勝負でしたね

そして、やっと外に出ることが出来た蜘蛛子さんを待ち受ける運命とは?

2クール目も楽しみにしながら「蜘蛛ですが、なにか?」を見ていきたいと思います!

なお、次回13話は「やったー、外だー 私は自由・・・だ?」です

念願だった外の世界! しかし、「私」に敵意を向ける人間や因縁の相手からの妨害があり、門出は前途多難で……。 一方、シュンの周辺は魔族との次なる戦争を前に慌ただしさを増し、大切な人たちの前にも脅威が迫っていた。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイトより

外に出ても蜘蛛子さんの不運は続きそうです(笑)

そして人間パートではカティアやスーに脅威が迫り、シュンの身に起こる波乱

2クール目の展開にも期待して良さそうですね!

※13話が放送されたので感想&解説、2クール目新主題歌について語りました

それでは、今回はこの辺で!

また会いましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました