フルーツバスケット 人生に影響を与えてくれた元気が出る名言紹介!

アニメ

突然ですが、人生の中で影響を受けた名言ってありますか?

「この言葉に元気をもらった」

「その考え方で前向きに物事を考えられるようになった」

「悩んでいた時に一つの答えを出してくれた」

かくいう私自身も、アニメや漫画はよく見ていまして、

 

・仕事をしていて嫌な思いをすることがあった

・将来のことに不安を感じた

・悩みを抱えた

 

こんな時には数多くの名言に支えられて、前を向いていくことが出来た一人です

そんな名言の中でも、良い意味で大きな影響を与えてくれた作品が、現在2nd seasonが放送中の「フルーツバスケット」です

「フルーツバスケット 2nd season」に関してはまだ間に合う!2020年春アニメ おすすめ6選でも紹介しています

こちらでも触れていますが魅力の一つとして「心に刺さる言葉の数々」を推しています

そんな「フルーツバスケット」の名言を抜粋して3つこちらでご紹介したいと思います

こちらを読んでいただいて、少しでも元気になれるお手伝いができればと思います

なお、今回に関しては「2nd seasonの第10話まで」の中で名言をご紹介いたします

フルーツバスケット 第3話 「大貧民をやりましょう」

人の素敵というものは・・・

例えば人の素敵というものがオニギリの梅干しのようなものだとしたら

その梅干しは背中についているのかもしれません

世界中 誰の背中にも 色々な色や味の梅干しがついていて

でも背中についているせいで

せっかくの梅干しが見えないのかもしれません

本田透

由希と夾はそれぞれ反発しあっている反面、自分の持っていないものを持っていて、羨ましいと思っている部分があります

そんな二人ですが、透は互いに素敵なところがあるのに「どうして気づかないのだろうか?」と考えます

その悩みを考えているある朝、オニギリを作っている時に夾が現れます

オニギリを食べる夾の背中を見て、語った時のワンシーンです

 

相手の素敵な部分をよく見ている透だからこそ出た言葉だと思います

そして、この後の「ついてるぜ 梅干し お前の背中にも」の夾の一言はほっこりしますね

 

「自分には何もない」と他人と比べて悲観的にならず、「もしかしたら、自分では気づかない部分に憧れてくれている何か」があるのではないかと思うと、「もう少し頑張ろう」という気にさせてくれます

フルーツバスケット 第24話 「帰りましょう」

一緒に過ごしたいんです

これからは夾君が私の弱音をちゃんと聞いて下さるように

夾君の弱音も私に聞かせてほしい

辛い事も 怖い事も 弱い事も ちゃんと教えてほしい

悩ませてほしい 一緒に 暮らしていきたいから

ご飯食べたり 勉強したり 悩んだり

そんな風にこれからも一緒に 一緒に

過ごしたいんです・・・!!

本田透

猫憑きである夾の本来の姿を透に見られ、透の前から逃げ出した夾を追いかけます

追いかけながらも夾に対して、どうしていいか分からない透

しかし、「このまま放っておいてはもう戻ってきてくれない」と感じた透が、ずっと一緒にいたい一心で、必死に夾に伝えた言葉です

 

すべてを愛してほしかったわけではなく、怖がってもいいから「一緒に考えて、悩んでほしかった」「一緒に生きていこう」と言ってほしかった夾にとっては何よりも救いの言葉でした

 

相手のダメな部分、自分のダメな部分に目をツブり、誤魔化すのではなく、「そう言った部分も相手の一面なんだと受け入れ、悩んで、考えて一緒に歩んでいくこと」の素晴らしさをとても感じました

 

そして、このシーンに関しては2nd season第9話「大切な俺の・・・」にも繋がっていきますので、そのシーンと合わせてみた時の感動はハンパないです

フルーツバスケット 2nd season 第2話 「みんなで素麺たべたりしてね」

考えて不安になったときは・・・

たとえば透君が山のような それはもう足元まで溜まって身動きが取れないほどの洗濯物に囲まれてしまったとしましょう?

透君は途方に暮れる

本当に全部洗濯できるかな 満足のいく結果を自分は出せるのかなって

考えるたびに不安になってくる

さて、透君はどうするべきか

とりあえず足許にあるものから洗濯してみるといいかもね

先を気にするのも大切だけど 先ばかり見てると

足許の洗濯物にからまって転んじゃうでしょう?

「今」や「今日」何ができるか考えるのも大切

そうやって一枚一枚洗っていけば なんだかあっけないくらいにアッサリと

お天道さまがのぞいていたりするものだから

草摩紫呉

将来に対して不安に思う事がある

そんな時に紫呉が透に対して語った言葉です

 

一年後の自分、五年後の自分などを深く考えた時に、漠然とした不安がこみあげてくるけども、誰にも相談ができない

 

この紫呉の言葉に関しては、それこそ一年前も五年前も、「将来に対して考え事をする時」「何か行動しなければならない時」に、支えられ続けてきた言葉です

どんな場面においても「最初の一歩」を踏み出させてくれる言葉だとも思っています

まとめ

落ち込んだ時や何か嫌なことがあった時に見て、元気をもらっている作品の一つが「フルーツバスケット」です

その魅力が少しでも多くの人に伝えられればと思います

もしも、皆さんにも「元気をもらっているという作品」があれば是非教えてくださいね

 

現在放送されている「フルーツバスケット 2nd season」にて、すべての十二支と慊人の正体が分かりました

そして、これからも生徒会の面々がそろったり、修学旅行や演劇の話などまだまだ見所の多くなっていく作品です

まだ見ていないよという方はまだ間に合う!2020年春アニメ おすすめ6選内にて「見逃し配信」している動画サイトもご紹介していますのでご参考ください

それでは、今回はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました