「アサルトリリィ BOUQUET」3話感想&解説 明かされる夢結の過去とは?(ネタバレ有り)

アサルトリリィ BOUQUET

どうもウハルです!

アサルトリリィ BOUQUET 3話を視聴しました!

前回は、夢結と見事「シュッツエンゲルの契り」をすることになった梨璃

しかし、その後夢結は「後悔するといいわ」と呟いているところで前回は終わりました

夢結のその言葉が意味するモノとは何なのかが分かる今回

夢結の過去武器を変えた理由など今後の話の展開に関わりそうな内容満載のアサルトリリィ BOUQUET 3話の感想&解説をご紹介いたします!

また、2話に関しても感想を書いてますのでまだ見たことない方はそちらをご参考ください

関連記事

アサルトリリィBOUQUET 第3話「ワスレナグサ」

第3話 あらすじ

憧れの夢結と早く一緒に戦えるようにと訓練に励む梨璃。容赦のない厳しい訓練にも、夢結の事を知りたいという一心から必死に食らいついていく。訓練のさなか、過去の戦闘を生き延びた強力なヒュージが襲来し、夢結は単身で突撃する。ヒュージに引けを取らない戦いぶりを見せる夢結だったが…。爆炎の立ち込める先に見えた景色とは…!?

「わたし夢結様のこと、少しだけわかってきた気がします」

TVアニメ「アサルトリリィ BOUQUET」公式サイトより

「ワスレナグサ」の花言葉

「ワスレナグサ」=「勿忘草」の花言葉は「真実の愛」「私を忘れないで」になります

今回は、夢結がメインのお話になります

その中で、夢結の過去やシュッツエンゲルだった川添美鈴との関係性を表したタイトルになっていると思います

アサルトリリィBOUQUET 第3話 感想&考察

ヒュージとの戦闘

1話にて脱走したヒュージとの戦闘がありましたが、9人一組となるレギオンとしての戦闘は今回が初になりましたね

その時に登場した戦術の一つが『ノインベルト戦術』です

『ノインベルト戦術』とは

レギオンの9人でマギスフィアをパスし、ヒュージに叩き込む戦闘方法

この戦術方法が今後どういった活躍を見せるのか期待したいです

また、ヒュージの個体にも種類があることが分かりましたね

今回登場したのは『レストア』と呼ばれるものです

『レストア』とは

損傷を受けながらも、修復をし、戦場に戻ってきた個体の事。「レストア―ド」を略した呼び名

特に解説がありませんでしたが、レストアは英語表記で「restore」。意味は「元通りにする」との事なので、それが過去形になって「restored」という事ですね

レアスキル

リリィは「レアスキル」と呼ばれる固有のスキルを保有します

これに関しては、1人につき1種類が限界みたいですね

リリィは魔法<マギ>を使用することができ、さらに能力が発現が著しいものをレアスキルと呼ぶ。レアスキルは原則1人1種といわれ、生き様が反映されるため複数持つことは基本不可能とされている。

アサルトリリィ公式サイトより引用

3話にて登場したレアスキルは二川二水の『鷹の目』と白井夢結の『ルナティックトランサー』の2つです

二水の『鷹の目』は遠くを見るスキルではなく、俯瞰視点にて状況を把握する”異常空間把握”のレアスキルになります

戦闘向きではないものの、後方支援として指示を出すには抜群の能力ですね

夢結の『ルナティックトランサー』は、理性を失い、敵味方の区別なくマギが枯れ果てるまで破壊の限りを尽くすスキルです

身体能力は向上しますが、精神的に不安定になるので「狂戦士(バーサーカー)」に近い状態になります

戦闘スキルとして考えると精神面を除けば優秀ですね

相変わらずの楓さん

助けてもらってから梨璃にメロメロな楓ですが、今回も自由でしたね

夢結に稽古をつけてもらい、体がボロボロな梨璃の体を洗う時の顔が凄い嬉しそう

ヨダレまで出ちゃってますからね(笑)

お風呂の中を犬かきで泳ぐ姿は個人的にお気に入り!

夢結が変わってしまった理由

今回の話の重要なポイントですね

2年前の「甲州撤退戦」の時に出会ったころとは、雰囲気も武器も変わってしまった夢結

その理由は、まさにその2年前の「甲州撤退戦」にありました

夢結は、その時にシュッツエンゲルだった川添美鈴を亡くしています

美鈴は、ヒュージの攻撃から夢結を守るため、攻撃を受けます

それを見た夢結は怒りのあまり、『ルナティックトランサー』を発動させます

そして、トランス状態に陥った夢結を止めるため、美鈴は身を挺して夢結を正気に戻します

その際に、夢結が持っていたチャームが美鈴の体を貫きました

瀕死の状態のまま、美鈴は夢結のチャームを預かり、ヒュージの元に向かっていきました

その出来事以来、自分をさいなみ続けた結果、夢結は変わってしまいました

目の前で大切な人が亡くなるだけでなく、自分自身で傷つけてしまえば変わってしまうのも頷けます

夢結のそばに居たいという想い

レストアのが襲撃し、一人で立ち向かう夢結

その時に、夢結は『ルナティックトランサー』を発動させます

夢結の過去の出来事を聞いた梨璃は、トランス状態の夢結を助けるため、皆の協力を得て、渦中に飛び込みます

トランス状態の自分を「醜く、浅ましい姿」と言う夢結に対して、梨璃は素直に受け入れ、その想いを夢結にぶつけました

その想いに心を開いた夢結は、梨璃と協力しヒュージを撃破します

正直な話をしてしまうと、個人的に「ちょっとあっさり感があるかな」とは思いました

ただ、「想いがこもった言葉がしっかり相手に届けば関係ないのかな」とも思います

実際、梨璃は1話の時から一貫して夢結に憧れを抱き、その想いを伝え続けていました

前回夢結が最後に言っていた「後悔するといい」と言っていたのはトランス状態の夢結を見れば梨璃は絶望すると思っていたことだと思うので、それを受け入れた梨璃に対して心を開くのは当然の流れかなと思います

変わり始めた夢結

過去に起きたことの心の傷は消えませんが、一人では無くなった夢結

ヒュージとの戦闘後、ルームメイトである秦祀はたまつりから、「お疲れ様」という言葉を貰います

その時に夢結は「ありがとう」と言いました

その言葉を聞いた祀は、素直になった夢結に嬉しくなります

嬉しそうに近づく祀に夢結は「いつも通りでしょ」と少し照れながら返事をしました

まだ、ぎこちない雰囲気はありましたが、少しずつ自分の感情を素直に出せるようになってきた夢結はとても可愛らしかったです

今後は、本来の夢結が少しずつ見えてくると思うので、そこも期待しながら見ていきたいですね

まとめ

今回は、夢結回でしたね

過去が明かされ、絶望していた夢結が一人ではなくなり、素直になった夢結が今後どういった活躍をし、梨璃とどういった関係性になって行くのか見ものですね

次回は、梨璃がレギオン作りに奮闘するようです

ということは、またキャラクターが増えると思いますので楽しみにしたいと思います

第4話「キンモクセイ」

夢結にレギオンを作ることを命じられた梨璃。仲間探しが難航していたところ、クラスメイトの神琳とそのルームメイト雨嘉に出会う。二人にもレギオンへの加入をお願いするが、自分に自信のない雨嘉に断られてしまう。そんな雨嘉の事が気になる梨璃に対し、神琳はある提案を持ちかける…

「わたしなんて、全然…ヘボリリィだから…」

TVアニメ「アサルトリリィ BOUQUET」公式サイトより

4話感想記事

それで、今回はこの辺で!

また会いましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました