2024年

『2024年春アニメ』視聴作品から選ぶおすすめ主題歌20選!

どうもウハルです!

今回は、『2024年春アニメ』で使われている主題歌の中からオススメの主題歌20選をご紹介いたします!

こちらの記事に関しては毎期恒例で実際に視聴して面白いと感じた作品を紹介する記事でいつも一緒に紹介させて頂いているんですが…

そのあまりの多さから今回は特別編として別記事で紹介していきたいと思います!

大豊作でヤバさ溢れる『2024年春アニメ』を裏付けるかのような豊作な良曲の数々になりますので、気になった楽曲があれば是非ともプレイリストに加えて下さいね!

なお、曲の紹介順は主題歌作品のあいうえお順となっています

また、放送1ヶ月が経って実際に視聴した中から選んだ『2024年春アニメ』オススメ新作アニメ20選に関してはすでに書かせて頂きましたので、興味がある方はそちらも参考にしてみてください!

目次

『2024年春アニメ』オススメ主題歌20選

アンダンテ:『狼と香辛料』エンディング

歌手ClariS
作詞長沢知亜紀・永野小織
作曲小野貴光
編曲小野貴光

様々な国を転々としながら商売をしていくロレンスとホロの二人ですが、その旅路が楽しいものであるかのように思わせてくれる軽快な音楽が聴いていて心地いい楽曲です

この曲を聴くと「心が躍る」とか「スキップしたくなる」とかそういった軽やかな印象を受けますね

実際に本編でも、二人の楽しい掛け合いが道中で繰り広げられているので、その印象が強いのかもしれません(笑)

サビの部分に関しては思わず口笛を吹きたくなるようなテンポ感なので、晴れた日の散歩道などのシチュエーションで聴くと、より一層楽しく道中を散策できるかもしれませんよ

【MV】

ソニーミュージックエンタテインメント

絶対零度:『WIND BREAKER』オープニング

歌手なとり
作詞・作曲なとり
編曲じん・なとり

イントロからの力強さと疾走感をそのままに、終始カッコ良さに溢れた楽曲です

この歌を聴いていると、未来というのは不安定で不確定なものではありますが、そんな険しく安全性のない中でも、自分が望む未来へとひたすらに突き進んでいこうとする意志や覚悟を感じられるような気がします

”絶対零度”のように冷え切った世の中で、周囲を燃やし尽くすような熱い魂を持って拳を振り上げたくなるような一曲です

【MV】

ソニーミュージックエンタテインメント

雑踏、僕らの街:『ガールズバンドクライ』オープニング

歌手トゲナシトゲアリ
作詞大濱健悟
作曲大濱健悟
編曲玉井健二・大濱健悟

疾走感があって思い切りの良さも感じさせる曲調と諦めきれずにもがいているような歌詞が、心の中のもやもやとした感情をぶちまけているように感じさせる楽曲

「今のままは嫌だな」と感じることはよくあることではありますが、それでも周囲に流されたり、世間一般とされる常識の中で生きていくのもよくあること

そういった中で悔しい思いをしたり悲しい思いをしたりしていきながらも、この曲を聴くと”灰色の人生”を歩むのではなく、”彩りのある人生”に向かって力強く歩き出したいと思えてきます

それこそ、この作品をもじるのであれば小指を立てていきたいですね

ちなみにOP映像はアニメ映像になっていますが、本編はフルCG作品になっていますので、初見の際はご注意を

ユニバーサル ミュージック

朱く染めて心臓:『怪異と乙女と神隠し』エンディング

歌手大渕野々花
作詞・作曲・編曲Neru

軽快な音楽ながらも歌詞は不穏な雰囲気を漂わせるようなギャップ感のある楽曲です

ノリはかなりアップテンポではあるので思わず踊り出しそうな感じではあるんですが、「嘘」や「虚偽」といったワードだけじゃなく、それを知った上でその”嘘”を求め、焦がれている自分を歌っている感じが不穏です

こういう状態のことを《魅入られる》というんでしょうね

そう考えるとまさに怪異が登場するこの作品にはピッタリな楽曲ですね

【MV】

NewGame:『神は遊戯に飢えている』オープニング

歌手AliA
作詞TKT
作曲EREN

ゲームをはじめる前の緊張感や昂るようなドキドキ感を感じさせるようなイントロから、プレイ中のゲームを楽しんでいるかのようなアップテンポなサビまで、終始この作品らしいゲームを楽しむ事を表現しているように感じさせる楽曲です

歌詞にも「神様」や「賽の目」や「チェックメイト」など『神は遊戯に飢えている』を印象付けるような文言も登場する辺りも”らしさ”溢れる感じではありますが、一番この作品と通じるものがあるなと感じたのが歌っているAliAさんのコメントを読んだ時ですね

どんなに不平等でも不公平でも負けるとわかっていても、立ち向かわなければいけない時がある。一か八か、楽しんだものが勝つ。そんな想いを音楽に込めました。

TVアニメ『神は遊戯に飢えている』公式サイトより

神との遊戯(ゲーム)なんて理不尽極まりないし、負ける可能性の方が圧倒的に高い中でも勝負に挑み、尚且つ全力で楽しんでいくフェイの姿とこのコメントがダブりましたね

なにかに立ち向かわなければならない時に「嫌だな…」と思うのではなく、この曲の出だしの「さぁ、始めようか」と思いながら一か八かでも勝負に挑み、さらには楽しんでしまえるような気持ちにするのにはピッタリな曲だと感じた一曲ですね

Growing Up:『この素晴らしい世界に祝福を!3期』オープニング

歌手Machio
作詞・作曲・編曲園田健太郎

「『このすば』と言えばこの人!」と言っても過言ではないくらい、劇場版やゲームも含め多くの『このすば』シリーズの主題歌を務めてきたMachicoさんの楽曲です

聴くだけで元気になれるようなアップテンポな曲調に、やる気はあるけども一歩を踏み出す勇気が出ない自分の気持ちを後押ししてくれるような歌詞はまさに”応援ソング”

サビ冒頭の「夢中なままでいいんだよ」や「迷ったままでいいんだよ」とかは、周囲のことは気にせず、今の気持ちを大事に進んで行っていいと言ってもらっているようで凄く好きな部分です

この曲は朝に聴くと憂鬱な気分も吹き飛ばしてくれるような明るさがあるので通勤や通学中に聴きたいオススメの一曲ですね

【MV】

ユリイカ:『終末トレイン、どこへいく?』オープニング

歌手ロクデナシ
作詞・作曲傘村トータ
編曲小松一也

自分が抱えている迷いに悩みながらも、ネガティブな感情から次第に立ち直っていくかのような物語性も感じさせる歌詞が心に来る楽曲です

歌詞は全体的に病んでいるかのような暗い雰囲気なんですが、その歌詞自体も自問自答のような感じになっているので、なんか誰かの悩みを聞いているような感覚になるのが不思議なところ

そんな中で、しっかりと自分なりの答えを見つけていく流れが凄く良い歌詞ですね

そもそもこの『ユリイカ』という言葉は、調べてみるとギリシャ語で「わかった」や「見つけた」というのを意味する言葉らしく、そう考えるとやはりこの歌は”自分を見つけるまでの歌”なのかもしれません(あくまで自分なりの考察なので、すでに情報が出ていたらすいません)

1番だけだとイマイチその感じが分からないと思ったら、フルで聴くことをオススメします

私自身、この歌が”自分を見つける歌”だと感じたのはラストの大サビ前の「散々悩んでやっと分かった」以降の歌詞を聴いてからなので

【MV】

次回予告:『戦隊大失格』オープニング

歌手キタニタツヤ
作詞・作曲・編曲キタニタツヤ

いつもの日々をループし続けている現代社会人には心を抉るような歌詞ながらも、そんないつもと同じ『次回予告』をいつか書き換えてやろうとも思わせてくれる楽曲です

正直、この曲を最初に聴いた時は思い当たる節があったので、胸が痛すぎて泣きそうになりましたよね(笑)

毎日決まった時間に決まった場所で決まった仕事をするという日々は今や当たり前になっていましたが、「20年後の君も以下同文です!」の辺りで「うわ…」って思っちゃいました

そんなネタバラシの次回予告を覆し、予想を、期待を裏切るような幕を開けたいとこの歌を聴いて思いました

ちなみにこの『次回予告』のMVは看板などで歌詞を表示したり、キタニタツヤさんが怪獣に扮しているなど面白い映像となっているので、一度その凝りっぷりを堪能してみるのも良いと思いますよ!

【MV】

正解はいらない:『戦隊大失格』エンディング

歌手ナナヲアカリ
作詞Neru・ナナヲアカリ
作曲・編曲Neru

下剋上を狙う戦闘員Dの野心同様に、静かに燃える力強さを感じさせるような楽曲です

曲調自体は全体的に落ち着いた雰囲気を感じさせますが、サビでの盛り上がりや歌詞からにじみ出る反骨心が見事に戦闘員Dの心境を表現している感じがします

そういう意味だとこの歌はかなりこの作品にマッチした楽曲でもありましたね

もともとこの歌自体、アニメ『戦隊大失格』の4話のワンシーンから制作をスタートさせたと歌手のナナヲアカリさんもXにてポストしていましたが、この話数は戦闘員Dのターニングポイントとも言えるような内容だったので、歌と内容の親和性と共感性が高いのかもしれませんね

【MV】

運命:『ダンジョン飯第2クール』オープニング

歌手sumika
作詞・作曲片岡健太
編曲宮田’レフティ’リョウ・sumika

楽しさを感じさせるような曲調が『ダンジョン飯』での料理を作る時のワクワクをも感じさせ、歌詞も迷宮を進んで行くような冒険心や好奇心を感じさせるものとなっているので、この作品にマッチしていると感じた楽曲です

激しすぎず、でも思わず一緒に手を叩きたくなるようなリズミカルな感じが凄く良く、心も体も踊り出しそうな感じもまた良いですね

また、「ミステイクもユーモアさ」といった感じで失敗すらも楽しんでしまおうと感じさせる前向きさも感じられるのがこの曲の良いところ

料理や冒険などもそうですがなにかを始めるのに失敗はつきものですし、そういったものすらも楽しめるような明るさを持って多くのことに挑戦していきたいなとも思える楽曲となっていました

【MV】

リヴァーサル:『月が導く異世界道中Ⅱ第2クール』オープニング

歌手syudou
作詞・作曲・編曲syudou

第1期のOP『ギャンブル』に続き、第2期2クール目の主題歌を担当したsyudouさんの楽曲です

第1期の主題歌ももの凄く作品にマッチした疾走感がありましたが、今回もそれは顕在!

疾走感のある曲調もそうですが、自分を曲げない貫く感じの歌詞が凄く良かったですね

歌詞の内容自体もストレートだから分かりやすいですし、”自分”の好きも嫌いも全部ひっくるめて「アリのまま」でいようと思わせてくれる楽曲となっていました

【MV】

ブルーデイズ:『転生貴族、鑑定スキルで成り上がる』オープニング

歌手TRUE
作詞唐沢美帆
作曲堀江晶太
編曲岡村大輔・堀江晶太

物語の始まりを印象付けるかのようなゆったりとしたイントロからの語りのような歌い出しが良く、そこからサビでしっかりと盛り上げてくれる流れが転生作品らしい物語性を感じさせて聴き心地の良い楽曲です

この曲のタイトルに”ブルー”と入っているのもあって、青空を連想させるような雄大さと爽やかさを感じさせるような雰囲気なのも凄く良いですね

歌詞自体も主人公のアルスのような優しさ溢れる内容なのもまたこの作品に非常にマッチしています

「適正(いいところ)視えてくる」や他の人にとっては価値の無いものだったとしても価値を見出すと言っているかのような「落書きもアート」という歌詞はまさにそう感じさせました

今期は2作品の主題歌をTRUEさんは担当されていますが、この曲も非常に素晴らしい楽曲です

PEACEKEEPER:『転生したらスライムだった件 3期』オープニング

歌手STEREO DIVE FOUNDATION
作詞・作曲・編曲R・O・N

『転スラ』という長く続いている作品だからこその物語の壮大さを感じさせるような曲調でありつつ、サビの部分では熱い戦闘を感じさせるような熱量を感じるアップテンポな感じが今期の期待感も含めて非常にマッチしている楽曲です

この作品自体かなり好きで見続けている作品なんですが、多くの思惑が入り乱れ、それぞれがどう動いていくのか非常に気になる展開になっています

そんな中で、テンペストの皆々がどう動いていくのかやリムルがどう活躍していくのか楽しみにしながら毎話見ているんですが、この曲を聴くと毎回視聴のモチベーションを上げてくれるんですよね

この曲のタイトルの『PEACEKEEPER』の通り”平和維持者”としてリムルの大活躍を期待させるのに十分な楽曲となっていました

このOPチョイスは本当に良かったですね

ADRENALIZED:『HIGHSPEED Étoile』オープニング

歌手水樹奈々
作詞水樹奈々
作曲・編曲光増ハジメ

レーシング作品らしい疾走感に溢れ、そこで繰り広げられる熱い展開を感じさせるようなサビの力強さが作品ともマッチしていてやる気をくれるような楽曲です

こういう疾走感のある曲を聴くと”心のエンジン”を始動して、アクセル全開で走り出したくなるから不思議です

この曲を歌われている水樹奈々さんの歌声もまた力強くてカッコいいからこそ、そう思わせてくれるのかもしれませんが(笑)

何かを始めようとする時に、この曲のタイトル通り「アドレナリンをかけ巡らせ」ながらアクセル全開で物事に取り組んでいきたい人にはピッタリな楽曲ですね

【MV】

ReCoda:『響け!ユーフォニアム3』オープニング

歌手TRUE
作詞唐沢美帆
作曲トミタカズキ(SUPA LOVE)・hisakuni(SUPA LOVE)
編曲鈴木雅也・曽木琢磨(SUPA LOVE)・山本拓夫

1期&2期&劇場版と『響け!ユーフォニアム』の主題歌を歌われてきたTRUEさんが今回も主題歌を担当され、青春の爽やかさを感じさせるような聴いていて気持ちのいい楽曲です

この曲を聴いた時に、改めてこの作品にはTRUEさんがピッタリだなと感じさせるくらい明るさと元気さを感じさせる曲調なのが良かったですね

また、歌詞に関してもこれまでの軌跡があったからこそ現在に繋がっていると歌っている感じや、「最後の曲」というフレーズが入っている辺りもまた、3年生編に突入した今期にピッタリな楽曲となっていました

一つのことに夢中になって走り抜ける久美子たちの青春を見届けたいと思わせてくれるのに十分な楽曲ですね

ライラック:『忘却バッテリー』オープニング

歌手Mrs. GREEN APPLE
作詞・作曲大森元貴
編曲久保田真悟(Jazzin’park)・大森元貴

見事に”青春”を歌っている楽曲ですが、そのひと時の青春を楽しむのではなく、全ての青春を輝かしいものと捉え、痛みも苦しみも愛おし思いたいと歌う内容が凄く心に響く楽曲です

この曲のタイトルである『ライラック』の花言葉は「友情」や「思い出」といった人間関係にまつわるものとなっており、その大切さや尊さが分かる歌なのもまた良いですね

学校という多くの出会いがあり、また多くの感情が揺り動かされる大切な時期だからこそ、そこでの友情や思い出を大切にして大人になっていく

その煌びやかさを見事な歌詞表現に昇華したMrs. GREEN APPLEの凄さを改めて感じさせる楽曲になっていました

個人的に寿命を「限りある数字が減るように 美しい数字が増えるように」と言い換えた綺麗さは本当に好きでしたね

そしてこの曲のMVでは、学生時代の自分たちを数ある将来の可能性として大人になった自分たちが見つめているような演出がまた粋で凄く良かったです

【MV】

ギフにテッド:『変人のサラダボウル』オープニング

歌手和ぬか
作詞・作曲和ぬか
編曲100回嘔吐・和ぬか

曲調自体はかなり明るいものながらも、歌詞は多くの悩みを抱えながら日々を生きていくことの生き辛さを歌っているような暗めの内容のギャップに驚かされた楽曲です

世の中何をやっても上手くいく人間と上手くいかない人間がいます

そして、そのどちらも共通して何かしらの悩みを抱えて生きているというのを感じさせる歌詞なんですが、その想いを無能側から歌っているからこそ共感性のある歌詞にもなっている気がします

「林檎ジャムのトースター地面に落とすと 僕の塗った面潰れて 奴はどうだ?裏で生存 あぁもうひれ伏せ」っていうところなんか見事にその二面性を表現しているし、わざとじゃないながらも世の中上手くいかない感じがもの凄く出ています

もしかしたら曲調は明るく、歌詞は暗いのもこういった二面性を表現しているのかもしれませんね

【MV】

Shouted Serenade:『魔法科高校の劣等生第3期』オープニング

歌手LiSA
作詞LiSA・田淵智也
作曲田淵智也
編曲堀江晶太

イントロからサビに至るまで終始カッコ良さに溢れた楽曲で、個人的にですがカッコ良さという意味では今期ダントツの楽曲です

この曲に関してはOPが流れた瞬間に「これ好きだわ」ってなりましたね

疾走感のある曲調にどこまでも夢や願いに向かって走っていこうとする前向きな歌詞、そしてLiSAさんの力強い歌声が合わさって見事にやる気や元気が出る楽曲へとなっていました

終わったとしてもその先へと走り続けて挑み続ける感じや、自分なら明るい未来に辿り着けると信じている内容は何かに挑戦しようとする背中を後押ししてくれるよう

勝負事などに挑む時は「期待しろ全世界!」と思うくらいの気概で挑戦するのも良いかもしれませんね

【MV】

オン・ザ・フロントライン:『無職転生Ⅱ第2クール』オープニング

歌手ヒトリエ
作詞シノダ
作曲ゆーまお
編曲ヒトリエ

多くの挫折や困難を味わいながらも、それ以上に多くの人たちの助けを得て”現在”に至ったルディを歌っているかのような歌詞が今回のクールに非常にマッチした楽曲です

挫折や困難というのは誰しも一度は味わうことではありますが、その選択肢次第ではどういった人生を歩んでいくかは分からない

そんな中で、ルディは多くの人の助けや心を支えてもらったからこそ”現在”の幸せな生活を手にすることが出来ました

その”現在”を「失っちゃいけない世界」と歌い、さらに「僕が僕のままで居れば いつかあなたを失う」という自分自身の未熟さをも歌っているように感じさせる内容が、これまでの軌跡も含めてもの凄く心に刺さりました

また、OP映像の「Ⅱ」の部分をルディにとって大切な人で表現しているのもまた心に刺さる

作画に関しては言わずもがなですが、本当にこの作品は本編から主題歌映像に至るまで、こういう感情を揺さぶるような描写がふんだんに盛り込まれているので終始感動させてくれますよね

【MV】

レイドバックジャーニー:『ゆるきゃん△SEASON3』オープニング

歌手キミのね
作詞つむぎしゃち・久下真音
作曲・編曲久下真音

軽快なリズムに乗せて自由気ままに歩を進めていくような感じが足取りも心も軽くしてくれるような楽曲です

『ゆるきゃん△』自体がかなり癒しを与えてくれるような作品ではありますが、それと同様に肩の力を抜かせてくれるような雰囲気がこの曲にはあって非常に作品とマッチしていましたね

曲調もそうですが、歌詞も目的地までの道のりやそこに至るまでの過程に至るまで、旅そのものを楽しもうとしているような感じがまた凄く良かったです

過去の主題歌もそうですが、この曲も旅のお供にプレイリストに入れておきたい楽曲ですね

【MV】

まとめ

『2024年春アニメ』で使われている主題歌の中からオススメの主題歌20選の紹介でした!

今回は、冒頭や別記事でも語りましたがあまりに今期は良曲が多かったので特別編として書かせて頂きましたが、それくらい本当に『2024年春アニメ』の主題歌は紹介したい楽曲が数多くありました

個人的にアップテンポな楽曲や前向きになれるような明るい楽曲は刺さりやすい傾向はあるんですが、それ以外にも各作品を印象付けるかのような曲調や歌詞が非常に素晴らしい楽曲が多くて厳選しきれなかったのが今回別記事を書こうと思った経緯でもあります

きっと『2024年春アニメ』に関しては私と同様に、放送作品に楽しませてもらいつつ、多くの主題歌で耳と心を幸せにしてもらっている人も多いのではないでしょうか?

そういった方たちにとって一曲でも共感出来るような楽曲を紹介出来ていれば良いですし、知らなかった楽曲をこの記事を通して知ったことで新たにプレイリストに加える手助けが出来たのであれば幸いですね

作品のみならず主題歌も大豊作の『2024年春アニメ』をそれこそオープニングからエンディングに至るまで、最初から最後まで存分に楽しみましょう!

それでは今回はこの辺で!

また会いましょう

こちらの記事もおすすめ!